2019年 5月 21日 (火)

「週刊文春にはすごく感謝してる」 指原莉乃発言にAKBファン怒り狂う

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   HKT48の指原莉乃さん(20)の発言が、一部のAKBファンの怒りを買っている。

   かつての自身のスキャンダルのおかげで総選挙1位になれたというような内容で、2ちゃんねるやツイッターで批判の書き込みが相次いでいるほか、「あの」AKBガチオタも怒りのブログを更新している。

「どん底と頂点、どっちも経験させてくれた文春」

さらなるスキャンダルに期待!?(11年2月撮影)
さらなるスキャンダルに期待!?(11年2月撮影)

   指原さんの問題発言があったのは、2013年7月2日放送のバラエティー番組「踊る!さんま御殿!!」(日本テレビ系)でのことだ。

   番組冒頭、司会の明石家さんまさんからAKBの選抜総選挙で1位になったことについて、「ああいうことがあったから良かったんでしょ?」と振られた。

   指原さんは「えっ?」と半笑いで戸惑いつつ、「多分あれがなかったら、こうはならなかったので、その週刊誌にもすごく感謝してる」と話した。

   さらに「(どん底の状態と頂点の状態)どっちも経験させてくれたのが週刊文春なので」と雑誌名まで出して言い、スタジオは笑いに包まれた。

   しかし和やかなスタジオ内とは裏腹に、AKBファンが集う2ちゃんねるの「地下アイドル板」に発言後すぐスレッドが立てられ、「まじ最低だなこいつ」「マジかよ莉乃たむ。。。それだけは言っちゃダメだわ。。。」「悪寒がはしったわ」など非難の書き込みが相次いだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中