2018年 7月 19日 (木)

12年度の税収、43兆9314億円 見積もり1兆円超上回る

印刷

   2012年度の国の税収が43兆9314億円となり、11年度より2.6%増えた。財務省が2013年7月3日に発表した12年度の一般会計決算(概要)でわかった。税収は補正予算時の見積もりと比べて、1兆3244億円上回った。12年末から年度末にかけての、安倍政権の経済政策「アベノミクス」による円安や株高が、税収も押し上げたとみられる。

   法人税は9兆7583億円で、11年度に比べて4.4%増えた。円安・株高による企業業績の改善に加えて、日銀が保有する外貨建て資産の為替差益の引当金課税や、官民ファンドの企業再生支援機構による日本航空株の売却益への課税などの特殊要因もある。

   所得税は13兆9925億円で、11年度に比べて3.8%増。配当税収の増加で源泉所得税が増えたほか、申告所得税も土地の譲渡などで見積もりを上回った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中