開城工業団地、操業再開で基本合意 7月10日に再協議

印刷

   韓国と北朝鮮は2013年7月6日から7日にかけて、操業停止が続いている開城工業団地について実務者協議を行い、操業再開で基本合意した。北朝鮮は13年4月、米韓合同軍事演習に反発して団地を閉鎖。北朝鮮側労働者5万3000人全員を引き上げていた。

   韓国側は操業停止の再発防止を求めており、再発防止策について7月10日に協議する。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中