福島第1原発近くで過去最高濃度のトリチウム 海に流出かは不明

印刷

   福島第1原発近くの井戸で2013年7月5日に採った地下水から、1リットル当たり60万ベクレルの放射性トリチウムを検出したと、東京電力が7日に明らかにした。

   海に近い井戸で、過去最高の濃度だという。東電では、海へ流出したか分からないとしているが、地下水汚染が進んでいる可能性も出ている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中