マクドナルド、2か月連続でプラス売上高

印刷

   日本マクドナルドホールディングスは、2013年6月の全店売上高が前年同月比2.6%となり、2か月連続のプラスとなったことを2013年7月8日発表した。既存店売上高も1.0%の増。マクドナルドでは2012年9月~13年4月にかけ、8か月連続で前年比マイナスを記録するなどやや低調が続いていた。

   プラスの理由としては、100~200円の価格帯メニューの充実、「チキンタツタ」の好調を挙げている。また24日から発売したいわゆる「500円バーガー」こと「クォーターパウンダーBLT」も好評という。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中