婚外子の相続規定、違憲判断へ 最高裁が秋にもと報じられる

印刷

   婚外子の遺産相続を結婚した夫婦の子どもの半分とする民法の規定について、最高裁が2013年秋にも違憲と判断する見通しだと、新聞各紙が7月10日に報じた。

   違憲かどうかが争われている家事審判で、特別抗告審の弁論がこの日、最高裁大法廷で開かれた。これは、憲法判断などで開かれるため、最高裁が違憲と判断する可能性が高いという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中