2019年 11月 20日 (水)

13年夏参院選 野党はいま
菅元首相が「独自の戦い」止まらない 勝手に無所属候補応援、ブログで安倍首相批判…

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   参院選の選挙戦が中盤を迎えるなか、民主党の菅直人元首相が意気軒昂だ。民主党から公認を取り消された候補の支援に回ることを早々に表明し、執行部からは「黙っていてほしい」とお荷物扱いされても街頭演説に立った。ブログでは、原発事故の対応に関する安倍晋三首相からの批判に反発。安倍首相に対して「名誉毀損を正す他の手段」を検討すると息巻いており、「独自の戦い」の様相だ。

脱原発「筋金入り」大河原候補の支援を早々に表明

退陣表明時の菅直人元首相(2011年8月撮影)。会見では「やるべきことはやった」と在任期間を振り返っていた
退陣表明時の菅直人元首相(2011年8月撮影)。会見では「やるべきことはやった」と在任期間を振り返っていた

   当初、菅氏は民主党の執行部を応援するつもりだったようだ。ブログには、細野豪志幹事長の著書「民主党は必要か」(角川書店)を読んだ感想として、

「彼らをサポートするのが私の役目だ」 とつづっていた。参院選公示前の2013年6月26日のことだ。

   ところが公示直前になって、執行部はすでに東京選挙区からの立候補が決まっていた大河原雅子氏の公認を取り消すことを決定。公認候補を鈴木寛氏に一本化して「共倒れ」を避けるための苦肉の策だった。だが、菅氏は執行部の決定に反して大河原氏の側についた。ブログによると、

「私はこれまでも『原発ゼロ』を鮮明にしてきた大河原さんを支援してきたが、民主党の公認がなくても大河原候補を全力で応援する」 「『脱原発』の活動は1986年のチェルノブイリ原発事故の頃からで、筋金入り」

というのがその理由だ。大河原氏は菅氏と同様に市民運動の出身だという点も後押しにつながったようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中