2021年 8月 4日 (水)

鳩山元首相がモノマネ芸人との共演を約束 「何をやるんだか、わからないけど、やるぞー」?

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   国外での発言が問題視されることも多い鳩山由紀夫元首相の発言が、さらに自由奔放さを増している。

   2013年7月11日夜、携帯電話向け放送局「NOTTV」のバラエティー番組「エンダン」に出演し、実はツイッターをほとんど活用していなかったことを暴露。幸夫人と結婚した経緯が「略奪愛」だと報じられたことについても「『いい言葉だな~』って思った」と満足げに振り返り、アダルトビデオについては「まったく見ないわけはない」とも明かすなど、終始暴走気味だった。

「みんなと会うと『何か新しいこと言ってやろう』と思うわけ」

首相在任時の鳩山由紀夫氏。発言の「ぶれ」が批判された
首相在任時の鳩山由紀夫氏。発言の「ぶれ」が批判された

   番組では、首相在任時のツイッターの活用が話題になった。ところが、鳩山氏は、

「今日をきっかけに、ちょっとツイッターのやり方を学んで…。おかしいな?」

と、とぼけた様子。司会者が

「じゃあ、誰がやってたんですか?」

と突っ込むと、

「毎日1回はやってたんですよ」

と釈明したものの、決して日常的に活用していたわけではなさそうだ。このやり取りの末に鳩山氏が書き込んだツイートが、

「今から何をやるんだか、わからないけど、やるぞー」

という内容。ネット利用者からは、大量にリツイート(転送)された。

   自らの発言が「ぶれた」とメディアから批判されたことへの恨み節も口にした。

「集まって楽しいことやってるでしょ?それつままれ(編集され)ちゃうんだよ。『こんなこと言った』って。それが記事になんの」
「『それ言ってない』って言うと、『鳩山ぶれた』みたいになって」
「私もね、人がいいでしょ?いつもそれで、みんなと会うと『何か新しいこと言ってやろう』と思うわけ。そうすると、『前と違うこと言ったな。ぶれてんじゃないか』って…。戻すと『またぶれた』って言われる。段々言いたくなくなっちゃうよね」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中