2019年 12月 8日 (日)

北朝鮮、休戦60周年記念で「融和ムード」演出 日本からも参加多数、共同通信が「花」贈る

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   これまで強硬姿勢を続けてきた北朝鮮が一転、融和姿勢に乗り出した。2013年7月27日に行われた朝鮮戦争休戦60周年記念の軍事パレードの観覧席では、金正恩第1書記と中国の李源潮国家副主席が並んで笑顔を見せる一幕があった。外国からは異例の数の代表団も招待された。日本からは北朝鮮との関係も深いアントニオ猪木氏も訪朝しており、国際的な孤立ムードを抑える狙いもあるとみられる。

正恩氏が演説しなかったのは中国を刺激しないため?

   パレードでは、放射性物質を示すマークがついたカバンを持った一団が登場。今後も核兵器の開発を続ける意思の表れとみられる。その反面、CNC(コンピューター数値制御)と書かれたパネルの乗せた車もお目見えした。CNCとは工作機械をコンピューター制御する技術のことを指し、軍事以外にも技術を持っていることをアピールする考えのようだ。

   軍を鼓舞する演説は朝鮮人民軍の崔竜海(チェ・リョンヘ)総政治局長らが担当し、正恩氏はスピーチしなかった。この背景には、正恩氏が口を開いた場合、やはり国外に対して攻撃的な内容にならざるを得なくなるため、中国などを刺激することを警戒したとの見方も出ている。

   日本との距離を縮めたい様子もうかがえる。

   参院議員に当選したばかりのアントニオ猪木氏は、7月26日にマスゲームを観覧。朝鮮中央通信によると、7月28日にはドミニカ、ウガンダ、ラオスからの代表団に続いて、北朝鮮のナンバー2にあたる金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長と会談している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中