2019年 2月 18日 (月)

サムスン・ギャラクシー「爆発報告」相次ぐ 粗悪なニセモノ電池が紛れ込んだか?

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   韓国サムスン電子のスマートフォン(スマホ)「ギャラクシー」が発火、時には爆発して火災を引き起こしたという事例が海外で報告されている。

   被害を受けたというユーザーはインターネット上に、焼け焦げた電話機やけがの箇所の写真を「証拠」として掲載した。ポケットに入れていた、ソファーの上に置いていた、というだけで火が出たという事例が国内外で頻発するようなら、心配だ。

NTTドコモ「ギャラクシーによる発火の事例報告はありません」

なぜ「ギャラクシー」で爆発事故が
なぜ「ギャラクシー」で爆発事故が

   香港の男性が「ギャラクシーS4」を充電中に爆発――。中国国営の新華社(日本語版)は2013年7月29日にこう報じた。台湾の英字オンラインメディアが詳報しており、自宅のソファーの上にギャラクシーを置いたままテレビを見ていたら、妙なにおいと異音に気付き、スマホから煙が上がっているのを発見したという。慌てて充電器を壁のコンセントから抜いたところ、端末が爆発してソファーとカーテンに火が燃え移り、男性は腕をけがしたうえ火の勢いが収まらず、部屋の内部はほとんど焼けてしまったそうだ。

   男性は、スマホに使われている電池と充電器はいずれもメーカーの純正品だったと主張している。一方サムスン電子本社は、この男性からの苦情が届いていないとしてコメントしていなかった。

   香港では7月中に、ほかにも2件のギャラクシーの端末による事故が起きているという。ただしこちらは、電池が非正規製品だったと報じられた。

   これだけにとどまらない。スイスでは18歳の女性が「ギャラクシーS3」をポケットに入れていたところいきなり爆発、足にやけどを負ったと複数の海外メディアが伝えた。7月10日付の米ハフィントンポストには、裏側が焼け焦げたギャラクシーS3の本体に加えて、被害を受けたという女性の、負傷した右ももの痛々しい様子を写した画像が公開されていた。

   ギャラクシーシリーズの端末は過去にも米国、アイルランド、韓国で爆発したり、火が出たりしているようだ。必ずしも充電中に起きた事故とは限らない。日本国内でギャラクシーを取り扱うNTTドコモ広報は取材に対して、「これまで端末を起因とする発火の事例報告はありません」と話した。KDDIにも問い合わせたが、締め切り時刻までに回答がなかった。

   国民生活センターに取材すると、スマホ充電中に発火して持ち主がやけどしたという報告が2013年3月に、またスマホを手に取った際に破裂したもののけが人は出なかったケースが1月にあったと説明したが、いずれもメーカーや機種名は明かさなかった。海外のように大火事を引き起こすには至っていない。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中