土屋アンナの公演中止騒動、どっちが正しい? 「稽古に来ない」vs「原作者の許可取ってない」

印刷

   タレントの土屋アンナさん(29)初主演の舞台が突然中止になった問題で、アンナさん側が「原作者に舞台化の許可を取っていない」と主張して騒ぎになっている。主催の演出家側は、これを否定しており、訴訟になる可能性も出てきた。

   土屋アンナさん主演の舞台「誓い~奇跡のシンガー~」は、2013年8月に東京と兵庫で上演が予定されていた。

アンナさん側、「無断で稽古休んだ」を否定

   ところが、主催会社が7月29日、公式サイトで突然、上演中止を発表した。その理由も、かなり具体的で突っ込んだものだった。アンナさんが、参加予定の稽古8回中で最初の2回だけ参加し、残りは正当な理由なく無断で参加しなかったからだというのだ。そして、アンナさんに対し、「社会人としての責任をお取りいただくべく,損害賠償訴訟を含む断固たる措置を講じる所存です」と書いている。

   ネット上では当初、アンナさんへの非難の声も上がったが、アンナさんの事務所はこの日、マスコミへのFAXや公式サイトの告知で真っ向から反論した。それによると、原作者から「舞台の台本を見ていないし、承諾もしていない」と稽古期間中に聞き、原作者の権利に配慮するよう主催側に対応を求めていたところだったという。しかし、主催側の代理人から公演中止決定と損害賠償請求の書面が突然届くなどしたとして、「事実無根の内容にただただ困惑しております」としている。

   さらに、車イスで歌手活動をしている原作者の濱田朝美さんも、この日のブログで、アンナさんを擁護する長文の記事をアップした。濱田さんは、5月24日の舞台制作発表の1週間前に友人からのメールで初めて舞台化を知ったと明かし、台本も7月27日に送られてきたばかりで、許可もしていないと訴えた。演出家と出版社元担当が1年半前に路上ライブにあいさつに来たことで許可を取ったと納得のいかない説明をされたとし、台本も原作と内容が異なっていて侮辱された気分になったそうだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中