下村文科相の「民度」発言に韓国外務省「無礼だ」 サッカー横断幕問題で

印刷

   サッカー東アジア杯の男子日韓戦で韓国サポーターが歴史問題に触れた横断幕を掲げたことについて、下村博文文科相が2013年7月30日の閣議後会見で「国の民度が問われる」と発言した。これに対し、韓国の外務省が「無礼な発言をしたことは極めて遺憾だ」とするコメントを発表した。

   下村文科相は会見で、「もし日本国内でこうした行為があったら、ほかのサポーターが止めたのではないか」「韓国の国民にもフェアな形で試合ができるよう今後に期待したい」とも述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中