寺の合宿で児童が服脱ぐゲーム パンツ脱いだ男児は100点、女児は200点

印刷

   大分県津久見市の寺が開いた小学生対象の1泊2日の合宿で、服を脱ぐゲームが行われ、男女約20人が全裸になっていたことがわかった。

   朝日新聞の報道などによると、合宿は2013年7月22日から23日まで行われ、寺を母体とする学校法人が運営する幼稚園の卒園生を中心に1~5年生の約60人が参加した。ゲームは本堂で6班に分かれ、身に着けている服やベルト、ハンカチなどをつなげて長さを競うルールだった。パンツを脱げば男児に100点、女児に200点が加算され、全裸になった児童には紙製の金メダルが贈られたという。

   寺は保護者からの抗議を受けて7月27日に説明会を開き、謝罪した。住職は「約20年前から行っており、子どもは喜んでいると思っていたが、配慮が足りなかった」と話したという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

姉妹サイト
    loading...

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中