2018年 7月 19日 (木)

Suicaの履歴使用拒否、8823件に

印刷

   JR東日本がICカード乗車券「Suica(スイカ)」利用者の乗降履歴を無断で第三者に販売した問題で、履歴データの使用を拒否する利用者の申し出が、受付を始めた2013年7月26から31日までの間に8823件に上った。スイカの発行枚数は約4300万枚。

   JR東は7月から、スイカ利用者の過去2年5か月分の乗降駅や性別、年齢などのデータに「匿名化処理」をほどこし、日立製作所へ提供した。

   しかし、個人情報取得の段階で利用者に説明がなかったため、ネットでも研究者を中心に疑問の声が上がり、一般人から苦情が相次いでいた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中