2019年 8月 22日 (木)

「代官山」に埼玉県民が攻めてくる?! ネットで激論「池袋で満足しろ」「差別するな!」

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!
「埼玉県民は代官山や自由が丘じゃ場違い」「埼玉県民の事バカにしてるよな。残念ながら代官山なんて中途半端なおしゃれな街は行きませんw」

   東京都民と埼玉県民の大論争がネット上で巻き起こっている。

   きっかけは、日刊SPA!(電子版)の2013年8月4日付記事「副都心線乗り入れで代官山住民が困惑したことベスト10」だ。

民度の高い東横線住民「こうなるのはわかっていた」「関所を作ってはどうだろう」

東横線代官山駅
東横線代官山駅

   それによると、西武線・東武線と直通する東京メトロ副都心線と、東急東横線の相互乗り入れが開始され、埼玉県から東横線沿線へのアクセスが良くなった結果、「田舎のヤンキー」風の人々が代官山にやってくるようになってしまい、周辺住民が迷惑しているという。

   代官山は東横線渋谷から一駅、恵比寿や中目黒にも近く、芸能人らが多く住む高級住宅街として知られる。駅周辺にはオシャレな店が立ち並び、旧山手通り沿いは大使館があるためか独特の雰囲気がある。

   そんなところへやってくる「場違い」な人々の特徴として記事では、わざわざヤン車で遊びにくる、上下ジャージで闊歩、クロックスを(偽物含)履く人が多い、コンビニなど道端での座り込み、変なキャラクター物のグッズを身につける――などをあげる。ヤン車とは「ヤンキー(仕様)の車」の略で、窓にスモークを張ったものや車高を下げたもの、マフラーを改造して排気音を大きくしたものなど、各種改造が施された車のことを指すらしい。

   「これは埼玉差別だね」「バカにしてるよな。残念ながら代官山なんて中途半端なおしゃれな街は行きませんwなら下北沢のほうがぜんぜんいいっすw」「東京なんて埼玉人のおかげで発展したのに何調子に乗ってるの?」――ネットでは早速、この記事に噛み付く埼玉県民が現れた。

   一方で、東京都民からは「こうなるのはわかっていたので、東横線副都心線直通は辞めて欲しかった。他の線から移るとわかるが、東横線住民の民度の高さは突出している」「渋谷と池袋だって相容れないんだから。代官山や自由が丘じゃ副都心線は場違い感が半端ない」「今まで池袋→新宿→渋谷の分厚い三段壁に守られてたのに、副都心線でぶち抜いちゃったもんなwさいたまーーが来るぞーーー!!!」「平日もカッペのお登りさんが大挙して訪れているから騒がしくて静かに暮らせないよ」「あー、これはきついな ブクロ民が攻めてくるのか」「関所を作ってはどうだろう。快適になるはずである」(ママ)などと口さがないコメントが。この応酬に神奈川県民までもが参戦し、「(記事中のヤンキーは)埼玉県民だな。横浜市民はそんなことないな。川崎市民は可能性ありだな。でも横浜はもっと災難だよ、総武線―横須賀線で千葉県民、今度は埼玉県民だよ。勘弁してくれ」などと愚痴りはじめた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中