29歳女を傷害容疑で逮捕 JR高田馬場駅催涙スプレー事件

印刷

   東京・新宿区のJR高田馬場駅トイレで10代女性が催涙スプレーを吹きかけられ軽傷を負った事件で、警視庁が2013年8月12日、神奈川県相模原市の無職の女(29)を傷害の疑いで逮捕したことが分かった。

   報道によると、この女は7月30日に犯行に及んだ後、JR山手線のホームに走って逃げていた。警視庁では、防犯カメラの映像解析などから女を特定した。女は調べに対し、「イラッとしてやった」と容疑を認めているという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中