2018年 7月 20日 (金)

はるかぜちゃん、かつて「遺書」を書いたと告白

印刷

   子役の「はるかぜちゃん」こと春名風花さん(12)が「昔、本当につらいとき遺書をかきました」と、2013年8月12日、ツイッターで明かした。「死にたくないけど、もし何かあって衝動的に死んでしまったら、残された人は、ぼくが何に悩んでいたか分からない」と不安になったためだという。

   いじめで自殺した子どもたちの遺書を読み、「ぼくはまだ元気なうちに、絶対、きちんとした遺書を書いておこうと思いました」と理由を語る。「遺書」と言っても遺産の分配などを記した遺言書ではなく、「エンディングノート」のように「大切な人に感謝の言葉を、嫌な人には言えなくて何度も飲み込んだままの言葉」を書いたといい、「死んだらもう傷つけられることないから、何でも言えるし!」と話している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中