韓国国会議員が8月15日に靖国訪問へ

印刷

   韓国最大の野党で左派系の「民主党」国会議員らが、終戦記念日で韓国にとっては日本の植民地支配から解放された「光復節」の2013年8月15日に、靖国神社を訪問することがわかった。

   聯合ニュースの報道などによると、訪問するのはイ・ジョンゴル氏、イ・サンミン氏、ムン・ビョンホ氏の3議員とイ・ヨンドゥク最高委員で、記者会見を開き、安倍政権の「右傾化」に遺憾の意を示すとともに北東アジアの平和に向けた努力を求める声明を発表する予定だという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中