ペルーでNHK取材チームが襲われる

印刷

   南米ペルーの首都リマ近郊で現地時間2013年8月10日、NHKの取材チームが強盗に襲われて撮影用カメラや録音機材などが奪われたと、コロンビアの新聞「エル・ヘラルド」電子版が8月13日付で伝えた。

   取材チームは、リマ郊外のヴィラエルサルバドルで開かれた子どもたちのアートフェスティバルを訪れていた。2人組の犯人は施設に侵入し、空中に発砲した後に数人に銃口を向けたという。強盗に殴られた人もいたとの情報も流れた。NHKのスタッフは6人。外部委託のカメラマンらと見られている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中