大阪府警が誤認逮捕 2か月で4件目

印刷

   大阪府警浪速署が府迷惑防止条例違反容疑で、無関係の府内の50代男性を現行犯逮捕していたことがわかった。府警の誤認逮捕が発覚したのは7月以降で4件目となる。

   2013年8月12日未明、路上を歩いていた女性が自転車に乗った男に尻を触られた。女性は男を追いかけたが見失った。通報を受け駆けつけた署員が現場付近を自転車で通っていた男性を発見。女性が男性を指し「あの人です」と話したので、男性は容疑を否認したが、現行犯逮捕したという。

   浪速署は約5時間後に男性を釈放。翌13日、防犯カメラなどの映像から誤認逮捕と認めて本人に謝罪した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中