2018年 7月 20日 (金)

「モリのアサガオ」作者を強制わいせつなどで起訴

印刷

   警視庁小金井署が漫画家の郷田マモラ(本名:上之郷守)容疑者(50)を女性にわいせつな行為をしたなどとして逮捕、東京地検立川支部が起訴していたと読売新聞などが2013年8月15日に報じた。

   読売によると、郷田容疑者は13年4月、東京都国分寺市の自身の事務所で女性の頭にボールを投げ付けた上、わいせつな行為をし、5月にも同じ女性にボールを投げ付け、突き飛ばして2週間のけがを負わせたとして6月に小金井署に傷害容疑で逮捕された。地検立川支部が6月と7月に暴行、強制わいせつ、傷害の罪で起訴したという。

   郷田容疑者は1993年に漫画家デビューし、98年「きらきらひかる」がフジテレビ系でドラマ化。2005年に「MAKOTO」が映画化、07年には「モリのアサガオ」が平成19年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞を受賞し、08年に映画化、10年にテレビ東京系でドラマ化された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中