福知山花火大会爆発、小5男児が死亡 死者2人に

印刷

   2013年8月15日夜、京都府福知山市で開催予定だった花火大会で起こった爆発事故で、全身にやけどを負って治療を受けていた小学5年生の山名空くん(10)が8月19日早朝に死亡した。

   17日には全身に大やけどを負った竹内弘美さん(44)が死亡しており、この事故での死者は2人目となった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中