2018年 5月 23日 (水)

別のタンクからも汚染水漏れか 福島第1原発

印刷

   福島第1原発で起こった汚染水流出問題で、東京電力が同型の別のタンクを総点検したところ、2基の底部で最大毎時100ミリシーベルトの高線量が検出され、汚染水漏れが発生していた可能性があることが判明した。東電が2013年8月22日発表した。ただし水位が変わっていないことから、東電では漏れた水量はごく少ないと見ている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中