2019年 9月 21日 (土)

「潮騒のメモリー」作曲家、自らウィキペディア訂正 「本人である証拠ない」と却下されたが…

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

「たしかに本人って証拠ないから仕方ないのか」

   しかしその後、大友さんは本人確認の方法として、

「Twitter(@otomojamjam)もしくはブログ(大友良英のJAMJAM日記)にて、8月22日にWikipediaの『潮騒のメモリー』の編集を行った旨を表明して頂ければ」
「表明が確認でき次第、改めて当該記述に差し戻しさせて頂きます」

と書かれているのを発見する。大友さんは、

「あ、よく読んだら、『8月22日にWikipediaの「潮騒のメモリー」の編集を行った』という趣旨をツイッターで表明してほしいということなので、とりあえず、そう表明させてもらいます」
「これでいいのかな?なんか今のままだと事実と違うのでちょっと落ち着かないのです」

と反応し、執筆部分が復活した。

   大友さんは今回のやり取りで匿名での難しさがわかったようで、

「たしかに本人って証拠ないから仕方ないのか。そりゃそうだ、じゃないとだれでも成り済まし出来るもんなあ。気をつけよ」

と語る。また、こんな感想も綴った。

「Sachiko Mさん、江藤さん、小泉さん、坂本さんの参加の経緯は現在出ているものが正確なものです」
「わたしのラジオの不正確な発言でご迷惑をおかけしました。そう、こんな経緯で生まれた曲なんです」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中