2019年 11月 12日 (火)

薬物中毒で「下着一枚で道路に出ていくことも」 兄が明かす華原朋美の「どん底」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   歌手活動を再開した華原朋美さん(38)が2013年8月24日、「24時間テレビ36 愛は地球を救う」(日本テレビ系)に生出演した。

   睡眠薬や精神安定剤などの薬物依存から抜け出し、人生をやり直すまでの道のりが放送され、VTR出演した兄の下河原忠道さんが、当事の華原さんを「顔が人じゃない」状態だったと証言する場面もあった。

「顔が人じゃない」状態だった

   華原さんは1995年に小室哲哉さんのプロデュースでデビューし、数々の音楽賞を次々と受賞するなど、短期間で人気歌手に上りつめた。24時間テレビで華原さんは、デビュー後数年を、「なんだって欲しいものは手に入るし、何だってうたったら一番。何の実力もないくせに」と自嘲的に振り返った。

   1996年3月リリースのシングル「I'm proud」は130万枚を超える大ヒット。「愛の絶頂期の歌。プライベートが楽しかったですからね。延長線じゃないですか明らかに。でもその後に地獄がちゃんと待っているんで」

   24歳のころプライベートでも親密な間柄だった小室さんと破局し、精神が不安定になり始めた。「そのころにはもうお薬もたくさん服用するようになっていた」と、忠道さんは番組VTRの中で明かした。

   その後も薬物依存はさらに悪化し続け、忠道さんによると、「フラフラ下着一枚で道路出て行ってしまうこともありました。ラムネを食べるようにボリボリと(薬物を)服用してしまう」ひどい状態だった。

   2007年6月、ついに所属事務所から解雇された。そこから忠道さん兄弟らは、「本気でどうやって薬を抜くか」を考え、閉鎖病棟への隔離を決意。「離せバカ野郎」と暴れたが、男兄弟3人で押さえ込んだ。入院しても退院直後に薬物をまた飲んでしまい、これを2、3回は繰り返したという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中