2018年 7月 19日 (木)

原発汚染水漏れ 最大1800ミリシーベルトの高線量検出

印刷

   東京電力福島第1原子力発電所のタンクから汚染水が漏れた問題で、東電は2013年8月31日、4か所で高い放射線量が観測されたと発表した。このうち1か所では、毎時約1800ミリシーベルトの高線量が確認された。

   4か所のうち2か所は8月22日の点検時に毎時約70ミリシーベルトと約100ミリシーベルトが確認された場所で、それぞれ毎時約220ミリシーベルトと約1800ミリシーベルトに。今回新たに高線量を計測した2か所のうち1か所では、タンクの配管から90秒に1滴の間隔で水が漏れており、毎時約230ミリシーベルトが検出された。

   東電は全てのタンクの水位に低下は見られず、排水弁も閉じているため、外部への漏えいはないと見ているが、引き続き調査を行っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中