2018年 7月 23日 (月)

11万件の個人情報流出 総務省、エクスコムグローバルに指導

印刷

   総務省は2013年9月3日、不正アクセスを受けてクレジットカード情報など個人情報が流出したエクスコムグローバル(東京都渋谷区)に対し、再発防止策をとるよう文書で指導した。

   同社は海外渡航時の携帯電話レンタルやデータ通信のサービスを手がけている。ネットワークの適切なセキュリティー対策をとっていなかったことから、4月19日から23日にかけてウェブサーバに不正アクセスを受け、10万9112件の顧客情報が流出した。

   現在同社では、不正侵入防止システムの設置や、セキュリティー専門会社による定期診断を受けるなどの対策を進めているとしている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中