2019年 12月 8日 (日)

韓国・平昌冬季五輪に「危惧」の声 雪もノウハウも不足、救世主は北朝鮮か

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

金正恩さまはスキーがお好き?

   そんな足元を見透かすように「救いの手」を差し伸べたのが北朝鮮だ。金正恩第一書記は現在、自ら先頭に立って大規模なスキー場建設を推進している。このスキー場を、平昌五輪のスキー競技会場として提供しようというのだ。五輪誘致に当たってはしきりに「南北平和への貢献」を訴えてきただけにある意味では「名案」だったが、韓国五輪委は「五輪は1つの都市で行わなければいけない」との原則論でこれを蹴っている。

   平昌五輪招致に当たって強調されたのは、欧米に偏重気味のウィンタースポーツをアジアにも広める、という大義だ。このコンセプト「新しい地平」が受け入れられたからこそIOCも五輪開催を決めたわけだから、競技人口の少なさや環境整備の遅れはある意味では折りこみ済みではある。降雪量なども、IOCは現時点ではそれほど問題にしていない。公式的には準備も順調に進んでいるとされ、8日のIOC総会での途中報告も委員たちから及第点を受けた。

   しかし韓国のネット上では、どことなく冷淡な声が目立つのもまた事実だ。

「東京に五輪が決まったのがすっごく羨ましかったけどさ、よく考えたら平昌でも五輪やるんだったね。すっかり忘れてた」
「なんで平昌で五輪をやるんだっけ? ソウルとか釜山でやれよ」
「平昌で五輪とか間違いだったんじゃないかな。俺結構いい年だけど平昌とか五輪決まるまで聞いたことなかったし」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中