元五輪選手・岡崎聡子、覚せい剤所持で7度目の逮捕

印刷

   東京・杉並区の自宅アパートで覚せい剤0.5グラムを隠し持っていたとして、警視庁は2013年9月13日までに、体操の元オリンピック選手で無職・岡崎聡子容疑者(52)と同居する男(50)を覚せい剤取締法違反容疑で逮捕した。

   岡崎容疑者は1976年、15歳でモントリオール五輪の体操競技に出場、団体8位、個人総合30位の成績をおさめた。95年に初めて覚せい剤使用で逮捕され、13年2月にも逮捕されていた。この事件は不起訴となったが、今回で7度目の逮捕となった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中