2018年 7月 23日 (月)

JR北海道またまた 運転士ATSをハンマーで破壊「ミス隠したくて…」

印刷

   JR北海道で2013年9月7日、上野行き寝台特急「北斗星」の男性運転士(32)が、自らの操作ミスを隠すために自動列車停止装置(ATS)のスイッチをハンマーなどで破壊していたことが判明した。各紙が報じている。運転士は列車を札幌市の車両基地から出発させた際、ATSのスイッチを切り忘れており、そのために列車が急停車。その後、原因が自らのミスであることを隠し、ATSの故障に見せかけようと、ATSのスイッチを破損させたという。

   JR北海道ではここ最近、脱線事故、列車からの出火・発煙など運転トラブルが相次いでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中