「秘密保全法案」担当大臣に森雅子少子化相

印刷

   安倍晋三首相は2013年9月17日の閣議で、安全保障に関する機密情報を漏えいした公務員らに対し最高で10年の懲役刑を科すなどとした「秘密保全法案」を担当する大臣に、森雅子少子化担当相を指名した。首相は「次期国会への提出、早期成立を目指す」と話し、秋の臨時国会で着実に成立させたい考えを示した。

   森大臣は閣議後の会見で「取材の自由、報道の自由を侵害しないように、しっかりと配慮した法案にしていきたい。さまざまな機会を設けて国民の色んな声をお聞きしたい」と話した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中