2022年 10月 5日 (水)

「15秒で13回平手打ち」バレー部顧問に擁護の声も 「優しくて熱心でいい先生」「こんなの当たり前」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   浜松日体高校(静岡・浜松市)男子バレーボール部での体罰が、インターネット上の動画投稿で明らかになった。

   約15秒間で13回の平手打ちという衝撃的な内容が各メディアで批判的に取り上げられているが、生徒やOBなど関係者と見られる人からは意外にも擁護の声も上がっている。

「バカヤロウ!ふざけんなテメェ!」怒鳴りながらぶつ

「【拡散希望】【RT希望】浜松日体高校男子バレー部の体罰の様子です。この体罰のせいで知り合いの子が心に大きな傷を負っています。また、この動画の時だけでなく頻繁に体罰が行われているようです。」

   2013年9月16日、こんな文章とともに、写真・動画共有サービス「mobypicture」に動画が投稿された。

   動画は約15秒間で、運動部の顧問らしき男が部員らしき男子学生の左頬を13回平手打ちしている。叩く音は体育館に鳴り響くほどで、その強さをうかがわせる。

   顧問らしき男は、「バカヤロウ!ふざけんなテメェ!泣かすのかお前3年生を!オイ!やれよそうやって!」と怒鳴りながら男子を叩き、男子は何か言われるごとに大声で「ハイ!ハイ!」と返事していた。

   この動画がYouTubeに転載されると、「ひどすぎ」「これは体罰じゃなくて暴力」として、ネット上で一気に広まった。

   浜松日体高は9月17日に開いた会見で、動画に映っていたのは男子バレー部顧問の41歳の男性教諭と2年生の男子部員で、9月15日に岐阜県の高校との練習試合中に撮影された映像であること、他の2年生の部員にも3発平手打ちをしたことを明かし、「(平手打ちをしたことは)間違いない。本人(顧問教諭)も言ってます。気合を入れるために行ったと」と体罰があったことを認めた。その上で、「日常的な体罰はなかったと子供たちに聞いた」「部員側はプレーが良くないので、『気合を入れてくれた』というふうに思っていると」とした。この教諭は当面男子バレー部の顧問を外れるという。

   なお、教諭は12年5月にも別の3年生部員1人に平手打ちしていた。この体罰については、13年2月に文部科学省が実施した体罰の実態調査で教諭本人が申告し、学校は口頭注意をしていたという。

姉妹サイト
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中