2020年 5月 30日 (土)

佳那晃子「脳死宣告から回復」報道 厚労省は「誤解される恐れも」と困惑

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   女優の佳那晃子さん(57)について、脳死宣告から回復したとの見出しでスポーツ紙各紙が報じ、ネット上で、「回復することはないのに」と報道に疑問が相次いでいる。厚労省でも、「誤解される恐れがある」と困惑している。

   映画「四季・奈津子」「極道の妻たち」などで知られる佳那晃子さんは、闘病生活中であることが所属事務所から発表され、ファンらに衝撃を与えた。

ツイッターなどで臓器移植への不安が

   報道によると、晃子さんは2013年1月10日夜、静岡県熱海市内の自宅で突然倒れ、近くの病院に救急搬送されたが、くも膜下出血と診断された。それも、最も重い重度5で、医師からは「脳死」か「植物状態」と宣告されたというのだ。

   翌11日に約10時間の手術を受けて加療を続け、3月に、回復の見込みがほとんどない植物状態だとされた。ところが、4月になって、手を握り返すなどの反応が見られるようになった。6月には、声をかけると目を開けたりするまでになり、県内のリハビリ病院に転院した。現在は、もっと反応がよくなって生命の危機から脱し、まだ話せないものの、1年後に歩いて帰れるようリハビリ生活を送っているという。

   こうした病状について、スポーツ紙各紙はサイト記事などで、かなり断定的な見出しで報じた。

   スポーツニッポンは、「佳那晃子『脳死』宣告されていた…くも膜下出血から手足動くまで回復」、中日スポーツは、「佳那晃子 脳死宣告受けていた 1月にくも膜下出血 奇跡的に回復」と見出しを打った。さらに、サンケイスポーツは、記事中で「植物状態」には触れず、「『脳死』の宣告を受けた」とだけ書き、見出しは「佳那晃子『脳死』宣告から奇跡的な回復」とうたった。

   しかし、これらの報道に接した読者からは、ツイッターなどで臓器移植への不安が漏れるようになっている。「こういうことがあるから、脳死とか全然信用できない」「もうちょい考えなくっちゃかなあ。。」といった声だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中