加藤コミッショナーが辞意表明

印刷

   日本野球機構(NPB)の加藤良三コミッショナーが、2013年9月19日の12球団オーナー会議で辞任の意向を表明した。6月に発覚した「統一球問題」の対応をめぐり、球界内外から非難を浴びていた。

   加藤氏は08年7月にコミッショナーに就任し、現在3期目。14年6月末の任期終了を待たずして、辞任することとなった。統一球については9月末までに、第三者委員会から最終報告を受ける予定になっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中