2020年 12月 5日 (土)

韓国「日本産水産物締め出せ!」の裏側は 「反日」で人気取り、存在アピールが続く

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!
「日本産水産物は、全面的に輸入禁止にすべきである」

   2013年9月19日、こう報告したのは、韓国の国会立法調査所だ。

   韓国では現在、福島など8県の水産物を輸入禁止にしている。現在、日本側は撤回を求めて交渉を進める真っ最中だが、この報告はその動きを拡大させようとしているかのようだ。その真意はどこにあるのか。

日本側の説得からわずか3日

   韓国では東京電力福島第1原発での汚染水漏れが発覚して以降、水産物への影響の懸念から、国中がパニックに陥っている。とはいえ日本産水産物に対しては、元々日本側が厳しい検査を行っていたこともあり、韓国政府も「科学的に安全が証明されている」と国民を説得していた。しかし、拡大する不安を政府としても抑えきれず、結局9日以降、福島を始め東北・関東8県の水産物輸入を全面的に禁止する措置に出た。

   日本側は16日に農林水産省幹部を派遣、「非科学的」な禁輸を解くよう説得を続けてきた。しかし立法調査所は19日、8県の禁輸決定後も国民の不安は取り除かれていないとして、

「日本産水産物への信頼が取り戻されるか、日本の汚染が回復するまで、政府は全面的な輸入禁止を考慮すべき」

とする報告書を発表した。

   韓国の禁止措置をめぐっては、日本国内では「日本のイメージをダウンさせ、東京五輪招致を妨害しようという陰謀ではないか」という説も報じられた。また前述の日本側の抗議に対しても、特に「WTOへの提訴も辞さない」との姿勢を示したことなどに韓国は猛反発、野党議員などが公然と「全面輸入禁止」を主張している。

   立法調査所の報告も、こうした日本攻撃の一環なのだろうか。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中