2020年 10月 26日 (月)

「過労のアリを横目に、キリギリスは夜の街へ」 ツイッターの「IT系童話」が怖すぎる!

あのやずやの『にんにくしじみ』が半額に!?

   IT系企業でのブラックな職場の様子を紹介し合うツイートが、ちょっとした流行になっている。それは、「IT系童話」としてまとめられ、話のネタになっているようだ。

「おばあさんが川でコードの洗濯をしていると、上流工程から大きな案件がドンブラコ~ドンブラコ~と」「なんと中から元気の良いトラブルプロジェクトが飛び出してきました」

   これは、現在休職中という熊本県在住のプログラマのつぼっこさんが2013年9月17日にツイッターでつぶやいたものだ。

IT系企業で働く人たちの悪戦苦闘ぶりが浮き彫り

   そんなツイートは、この日ぐらいから「♯IT系童話」のハッシュタグに集められ、現在も投稿が相次いでいる。

   いずれも、桃太郎や鶴の恩返しなどの昔話や童話を下敷きにし、ほのぼのとしたタッチでつづられている。しかし、その中身はと言えば、IT系企業で働く人たちの悪戦苦闘ぶりが浮き彫りになるようなものなのだ。

   例えば、Doom“HHH” Mageさんは、思いやりのない上司の下で働く部下の苦悩を表現するかのように、こうつづった。

「蟻は夏の間額に汗し黙々と働いていました。キリギリスは日中は居眠り、夜は接待で楽しそうな毎日を送っておりました。そして冬になり、蟻は過労で体を壊し退社、次の蟻が配属になりました。キリギリスは新しい蟻が寝ずに働く姿を見ながら、今日も夜の街に繰り出しました」

   一方、神奈川県在住のSEは、上司が部下の仕事ぶりに頭を悩ませるシーンを連想させるようなツイートを寄せた。

「『私が実装している間、決して開発室を覗いてはいけません。』青年は約束を破ってこっそり覗いてしまいました。するとそこでは鶴がGPLのソースコードをコピペして変数やメソッド名を適当に置き換える作業をしているではありませんか」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中