2018年 7月 19日 (木)

阿蘇山で噴火のおそれ 火口周辺に警戒呼びかけ

印刷

   気象庁は2013年9月25日、熊本県・阿蘇山の噴火警戒レベルを1(平常)から2(火口周辺規制)に引き上げた。

   阿蘇山は9月23日夜から火山性地震の回数が増加し、25日にかけて非常に多い状態となっている。また25日に実施した現地調査では、火山ガスの二酸化硫黄の放出量が1日あたり1900トンで、前回19日の500トンと比べ多い状態になっているという。

   気象庁は阿蘇市、南阿蘇村の火口から約1kmの範囲で、噴火に伴って飛散する大きな噴石への警戒と、風下側の降灰と小さな噴石への注意を呼びかけている。

   噴火警戒レベルが引き上げられたのは、11年5月16日以来約2年4か月ぶり。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中