2018年 7月 21日 (土)

朝日放送にBPOが勧告 大阪市長選報道に「倫理上の重大な問題」

印刷

   朝日放送(大阪市)が大阪市長選で報じた内容について、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会が2013年10月1日、「放送倫理上の重大な問題があった」として、再発防止を求める勧告をしたことが分かった。

   報道によると、朝日放送は12年2月6日のニュースで、現職を応援する大阪市交通局の労組が職員に協力するよう脅していたなどと報じたが、内部告発者が資料を捏造していたことが分かった。これに対し、人権委員会は労組への裏付け取材をするべきだったと指摘している。

   朝日放送は、マスコミ取材に対し、「真摯に受け止め、今後の報道に生かす」とコメントした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中