2019年 7月 20日 (土)

鳥取県補助のイベントHP「みだらなイラスト」 実行委「性器が見えないと思った」

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   黒く塗られているものの、女子高生ともみられる女性の性器が透けて見え…。鳥取県で行われている町おこしイベントのホームページに、こんなイラストが掲載され、県警の指導で主催者らが削除する事態になっている。

   イラストが載ったのは、鳥取県米子市内で2013年9月28日から始まった「米子映画事変」のホームページ上だ。「妖怪秘宝館」コーナーのトップに、イラストが載っており、その下のリンクからは、イラストが載ったちらしも見られるようになっていた。

女子高生ともみられる女性の性器が透けて見え

   イラストを黒い透かしからよく見ると、制服姿ともみられる女性が大きく股を広げ、性器も透けて見えるようになっていた。また、イラストには、女性をいじる小さな妖怪がいくつも描かれており、これは黒く塗られていなかった。

   町おこしイベントは、アニメ制作会社「ガイナックス」などで作る実行委員会が主催し、鳥取県の事業「まんが王国とっとり」から補助金が出ていた。イラストについては、一般の人から指摘があり、県警では、わいせつ物頒布を禁じた刑法175条などに抵触する恐れがあるとして、実行委と県にホームページからの削除を検討するように求めた。

   実行委などでは、その指導に従って、イラストを削除し、ちらしなども回収した。

   このニュースが10月2日に流れると、ネット上では、イラスト掲載について、「さすがにダメだろw」といった声が相次いだ。一部で、「警察が何故介入したのか?」との疑問もあったが、わいせつ物に当たるのではないかとみる向きは多い。

   主催者側は、なぜこのようなイラストを載せたのだろうか。

   実行委事務局をしているイベント運営会社「ヨナゴフィルム」では、その理由について、次のように説明した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中