2019年 1月 22日 (火)

襲った男からナイフ奪って太もも刺し、死亡させる 被害女性は強姦の正当防衛になるのかで論議

印刷
数独ポータルはじめました!3問解いてAmazonギフト券ゲットしよう!

   東京都足立区の路上で女性を襲った男がナイフを奪われて太ももを刺され、死亡したとされる事件は、女性の行為が本当なら正当防衛になるのかと、ネット上で関心を集めている。

   「大声を出したら殺す」。10代女性の話として報じられたところでは、この女性は2013年10月3日午後7時半ごろ、50代ぐらいの見知らぬ男からこう脅されて果物ナイフを突きつけられた。荒川沿いの歩道をジョギングしていたときだった。

女性を傷害致死の疑いで書類送検するというが…

   女性は、男からキスされたり、体を触られたりしたが、男が地面にナイフを置いたのに気付いた。そこで、すきを見てナイフを奪い、男の右太ももを刺して逃げた。そして、通りがかった人に助けを求めたというのだ。

   この通行人が110番通報し、警視庁の西新井署員が駆け付けたところ、男は近くの路上で太もも付近から大量に出血し、意識を失っていた。病院に搬送されたものの、間もなく死亡が確認された。

   警視庁は、容疑者死亡のまま、強姦未遂などの疑いで男を書類送検する方針だという。男を刺した女性については、傷害致死の疑いで書類送検するというが、正当防衛だとみなされる可能性があると報じられている。

   刑法36条によると、もし正当防衛が認められたときは、その行為は罰せられない。しかし、行き過ぎた防衛行為だとみなされれば、刑罰が軽減されたり免除されたりもするが、過剰防衛として罪に問われることになる。

   女性が話した行為については、ネット上で議論が盛り上がっており、正当防衛ではないかとの声が多い。「太ももならセーフ」「これで過剰防衛云々言われたら、女性はどうしたらいいっていうのか」といった反応だ。

   もっとも、異論も出ており、「防衛手段がどうみても過剰だろう」「ナイフを手放していたんだからまさにこれ」といった声があった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中