桜塚やっくんが交通事故死 中国自動車道下り線で

印刷

   「スケバン恐子」などの芸で知られるタレントの桜塚やっくん(本名・斎藤 恭央さん)が2013年10月5日、中国自動車道下り線で交通事故にあい、亡くなった。37歳だった。

   報道をまとめると、斉藤さんは6日に熊本でおこなわれるバンドのコンサートのため、5人乗りのワゴン車で走行していて事故にあった。17時前、ワゴン車が山口県美祢市東厚保町付近で、中央分離帯のガードレールに衝突し、停車した。同乗していた砂守孝多郎さん(55)が電話で通報しようと車外に出たところ、後ろから来た車にはねられた。それを見た斉藤さんが車を降りたところ、別の車にはねられ、二人は死亡した。死因はそれぞれ外傷性ショックと、心臓破裂など。現場は追い越し車線の右カーブで、雨が降っていたという。

   斉藤さんは神奈川県の生まれ。日本大学芸術学部映画学科演技コース卒業、99年にお笑いコンビ「あばれヌンチャク」を結成し、セーラー服姿に竹刀をもち、「がっかりだよ」と決め台詞を放つ「スケバン恐子」などのネタを生み出した。「あばれヌンチャク」時代に使用していた「桜塚やっくん」という呼び名に改名し、CDデビューを果たすなど人気を博した。最近では女装バンド「美女♂men Z」を結成し、精力的にライブ活動を展開していた。

   芸人やバンドのほか、声優、俳優としても活躍していたため、幅広い親交があったようだ。ネット上では、芸人仲間をはじめさまざまな業界の共演者・関係者らから悼む声が上がっている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中