2018年 11月 16日 (金)

プラズマテレビ「終焉」へ パナソニックが撤退方針

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   パナソニックがプラズマテレビ事業から撤退する方針を固めた、と2013年10月9日付の日本経済新聞などが報じた。同社は、「PDP事業については、さまざまな検討を行っているが現在決定した事実はない」とコメントしている。

   パナソニックはプラズマ事業に2000年代半ばから5000億円以上を投じてきた。主力の尼崎工場(兵庫県)でのテレビ用パネル生産を、14年度をメドに終了する方向で調整している。尼崎工場の資産については製造設備の減損処理は実施済み。

   プラズマテレビは日本のメーカーが開発を主導。画面サイズで50型以上の大型テレビにプラズマ、50型未満の中小型には液晶と棲み分けたが、技術革新で液晶画面の大型化が進み、価格競争力のある液晶が主流となった。

   日立製作所が2008年度に、パイオニアは09年度に撤退。パナソニックが撤退すれば、プラズマテレビを手がける国内家電メーカーはなくなる。

転職
20代の転職で一番大事なこと プロが「能力」より「素直さ」と断言する理由

「未曽有の人手不足」と言われる昨今、活況が続く現在の転職市場では、20代の若手人材に対する需要も以前とは比べものにならないほどだ。とはいえ、転職を成功させるために十分な準備が必要であることは変わらない。

PR 2018/10/31

ad-kyouryoku-kaidan2.png
秋の夜長に「最恐怪談」はいかが?

この秋、「最恐怪談」が、さらにパワーアップして帰ってきました。赤羽の地に集まったのは、怪談界でも指折りの3人の語り部たち。今宵は、背筋も凍る、このお話からお聞かせしましょう......。

PR 2018/10/9

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中