2018年 7月 22日 (日)

チャゲアスASKA、文春に「アンナカ吸引」告白で活動自粛 「本人の認識が甘く、極めて不適切」と事務所

印刷

   「週刊文春」2013年10月17号で「暴力団関係者と接触し、安息香酸ナトリウム(アンナカ)を吸引した」などと告白したCHAGE and ASKA(チャゲアス)のASKAさん(55)について、所属事務所のロックダムアーティスツ(ロックダム)は10月10日、活動を自粛すると発表した。

   ASKAさんは13年8月に初めて「薬物中毒疑惑」を報じられたが、この内容について週刊文春記者に個人的にコンタクトを取り、「吸引したのは覚せい剤ではなくアンナカだった」「暴力団関係者とは知らずに親しくなった男からもらっていた」などと説明していた。

「個人的に話したいという衝動的な気持ちから記者に連絡」

   公式サイトに掲載された報告は以下の通り。

「いつも CHAGE and ASKAを応援いただきありがとうございます。弊社契約ミュージシャンASKAに関する、週刊文春10月17日号記事の経緯につきまして報告させていただきます。
ASKAは一連の報道の発端となった週刊文春の記者へ、取材ではなく個人的に話をしたいという衝動的な気持ちから連絡し、記者も取材ではないことに同意した上で自宅に招きました。結果としてこの際の会話が編集され、記事となって掲載されることとなりましたが、これは本人が承諾したものではありません。また昨日オフィシャルサイトに掲載した通り、これらの経緯について弊社は一切関知しておりません。
これまで弊社はASKAに違法行為や公序良俗に反する行為がないことを確認し、そして何よりもASKA自身の健康の回復を最優先に支援を行ってまいりました。しかしながら今回、ASKAが弊社に無断で記者との接触を行い、違法ではないとしても薬物の入手経緯や、音楽関係者と称した人物との関わりについて掲載された記事の内容は、これまでの信頼関係を損なうものとして大変遺憾です。これらの経緯についても本人の認識が甘く、極めて不適切な行為であったと疑われても否定できません。
昨日、弊社代表がASKAと話し合い、一連の報道で世間をお騒がせしたことと社会的責任を踏まえ、ASKAの活動を自粛し、引き続きの健康の回復に努めることといたしました。
改めて、ファンの皆さま、また関係者の皆さまに、多大なるご心配とご迷惑をおかけしましたことを、深くお詫び申し上げます。」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中