週刊文春がASKA所属事務所のコメントに反論 「事前に取材依頼していた」

印刷

   「週刊文春」2013年10月17日号に掲載された、音楽ユニット「CHAGE and ASKA」のASKAさん(55)のインタビュー内容について、所属事務所のロックダムアーティスツが「記者が取材ではないことに同意していた」「記事掲載は本人が承諾したものではない」などとコメントしたことに対し、週刊文春が10月11日に公式サイト上で反論している。

   週刊文春は「本誌記者は事前に取材依頼の手紙と質問状をASKAさんに渡しており、インタビューはそれを基に行われたものです」「記事の扱いについて、ASKAさんは本誌記者に『任せます』と伝えており、記事はそれを受けて掲載されました」としている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中