2019年 9月 15日 (日)

山で遭難した父親の捜索に募金呼びかける 俳優のツイッターに疑問や批判が集まり謝罪

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   山岳遭難した父親の捜索費用が必要なので募金を――。特撮ドラマなどに出演している俳優の斎藤ヤスカさん(26)がツイッターなどでこう呼びかけたところ、疑問の声が相次いだ。ヤスカさんは、弁明に追われる事態になっている。

   斎藤ヤスカさんが募金呼びかけを始めたのは、2013年10月12日からだ。

社会復帰への支援金、葬儀にも使うと説明

募金呼びかけが物議
募金呼びかけが物議

   新潟、群馬県境の巻機山(まきはたやま)で11日、父親の茂勝さん(56)が登山中に行方不明になった。茂勝さんは、新潟県南魚沼市内で霊能者として活動しており、報道によると、10日から1人で登山に出かけていた。翌11日夕になって自宅マンション管理人から「帰ってこない」と南魚沼署に連絡があり、署員らが捜索活動をしている。

   これに対し、ヤスカさんは、過去に特撮テレビドラマ「轟轟戦隊ボウケンジャー」やミュージカル「テニスの王子様」に出演した経歴を生かし、ファンらに支援を呼びかけたのだ。ツイッターやブログでは、警察などの捜索では限度があるとし、民間人に捜索を頼めば、1人当たり1日2~5万円ほどかかり、10人チームなら50万円ほどになる可能性があると南魚沼署から説明を受けたとした。民間ヘリを飛ばせば、さらにお金がかかるとも訴えている。

   公式サイトでは、集めた資金について、「生還の場合、斎藤茂勝の社会復帰への支援金及び新潟県山岳遭難防止対策協議会への募金、最悪の場合、斎藤茂勝の葬儀及び追悼、新潟県山岳遭難防止対策協議会への募金、又、これらに準ずるものに変えさせて頂きます」と説明した。そして、「たった一人の父にとって、斎藤ヤスカが、ヒーローであり続ける為に」と締めくくっている。

   ブログのコメント欄などには、ファンらからとみられる書き込みが相次いでいる。「娘の入学資金の10万を振り込みました」「子供の学資保険解約して振込します」といったものだ。

   一方で、捜索費用を他人に頼ることに対し、批判も次々に寄せられ、ツイッターなどが炎上状態になった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中