ファミリーマート国内店舗1万店を達成

印刷

   ファミリーマートは国内の店舗数が1万店に達したと2013年10月15日に発表した。コンビニ業界で1万店に達したのはセブン―イレブン、ローソンに次いで3番目になる。

   ファミマは1973年9月に埼玉県狭山市に1号店をオープンし、40年かけて1万店を達成した。今後も出店を加速させる一方で、日用雑貨や冷凍食品などのプライベートブランド(PB)を充実させるとともにドラッグストアとの提携で薬局を併設するコンビニも展開していく。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中