2019年 12月 8日 (日)

腐女子用語に精通し、ある程度年齢がいった人物? 黒子のバスケ脅迫犯「怪人801面相」とは何者

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   人気漫画「黒子のバスケ」を標的にした脅迫事件が、またもや発生した。「怪人801面相」を名乗る人物から、関連商品に毒物を混入したとの脅迫状が関係各所に届いたのだ。

   同様の事件は2012年10月ごろから続発、イベントなどが次々と中止になるなど大きな騒動になっていた。

今なお女性人気No.1を争うベストセラー

   2013年10月16日午後、女性オタクが多く集まる東京・池袋のアニメショップでは、「黒バス」を表紙としたアニメ雑誌が最も目立つ場所に陳列されていた。売り場には文具やカード、ポスターといったキャラクター製品が所狭しと並び、10代半ばと見られる女性客が、手に取った製品を真剣な面持ちで見つめる。その傍らにはキャラの「誕生日」を祝うコーナーも設けられ、愛らしい丸文字で「おめでとー!」「(別のキャラ名)と仲良くね」といったファンからのメッセージが。

   黒バスこと「黒子のバスケ」は、藤巻忠俊さんが週刊少年ジャンプで連載中のバスケット漫画だ。特に「腐女子」ファンが多く、これまでに累計2300万部以上を売り上げる。女性オタクの間での作品人気は流行り廃りが激しいともいわれるが、10月からアニメ第2期が放映されていることもあり、店舗では今も「センター」級の扱いだ。

   しかしこれに水を差すように15日、関連グッズを扱っているコンビニやメーカー、そして報道機関に、相次いで「脅迫状」が届いた。バンダイが製造しているおまけ付き菓子「ボイコレ 黒子のバスケウエハース2」(8月発売)に毒物を混入したとするもので、犯人は「怪人801面相」を自称、手紙には「わしは黒子のバスケ脅迫事件の犯人一味」などと記されていたと報じられている。また、作者・藤巻さんの母校である上智大学の文化祭で何らかの犯行に及ぶこともほのめかしていたという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中