みずほ銀行の暴力団組員への融資、解消できず まだ145件残る

印刷

   みずほ銀行が暴力団組員らへの融資を放置していた問題で、融資契約の多くが実質的に解消できず、現時点でまだ145件が残っていることがわかった。同行のグループ会社で、提携ローンを審査した信販大手のオリエントコーポレーションが2013年10月16日、経済産業省への報告で明らかにした。

   問題融資は、金融庁から指摘されたときに約230件あった。オリコは、融資契約の解除手続きに時間がかかるだけでなく、契約上解除が難しいケースがあるため、という。また、「取引先が特定の暴力団関係者に偏るなどの癒着はない」と説明した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中