味の素「ほんだし」23年ぶり値上げ 6~7% 14年出荷分から

印刷

   味の素は、調味料「ほんだし」の出荷価格を2014年1月4日出荷分から、6~7%引き上げる、と2013年10月17日に発表した。対象は家庭用のみで業務用は据え置く。原料となるカツオの価格が2007年に比べて1.5倍になったうえ、円安で包装資材の価格が上昇しているため、コスト上昇分を吸収できなくなった。値上げは1990年6月以来、23年ぶりとなる。

   対象商品は「ほんだし」全13種類。売れ筋の120グラムの箱入り(店頭想定価格は430円前後)やスティックタイプなど8品目は6%の値上げ。320~640グラムの大容量タイプは容量を減らし1グラムあたりの単価は7%弱上がる。小袋が24袋、44袋入った箱入りの商品2品目は容量を減らしたうえで価格も下げるが、実質7%弱の値上げになるという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中