2018年 5月 23日 (水)

足立の失踪警官、宇都宮で逮捕 実弾入り拳銃はそのまま

印刷

   実弾5発入りの拳銃を持ったまま行方不明になっていた警視庁綾瀬署(東京都足立区)地域課の男性巡査長(24)が2013年10月18日、栃木県宇都宮市で発見され、銃刀法違反の容疑で警視庁に逮捕された。

   報道によると、所持品からは実弾5発と拳銃、手錠や警察手帳、現金約200万円などが見つかった。容疑者は黙秘を続けているため、警視庁は詳しい動機を調べている。

   容疑者は15日深夜、「騒音苦情の処理」を理由に中央本町交番(足立区)を出てから連絡が途絶えていた。16日にJR東京駅新幹線ホームで目撃され、東北方面へ向かった可能性が高かった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中